土用の丑の日は今年もやっぱりソーメンだった
product_img_f_16421514.jpg  

旬ではない夏に鰻が売れないのを平賀源内が“本日丑の日”という張り紙を店に貼るというアイデアで一気に広まった「土曜の丑の日」に鰻を食べる習慣。 平賀源内はコピーライターだったんですね。 「夏にうまくもない鰻なんか食べないもんね」というやせ我慢のAHO店長ですが、子どもの頃から“慣れ親しんだあの店鰻がたまらん”しか食べてこなかったので有名店やスーパーの鰻は食べられないのが本当です。 鰻問屋で1本4,500円!で焼いたものを売ってますがいい匂いだけ楽しんで買ったことがありません(買えない) 東京の鰻の有名店もグルメ本に載っているところはだいたい行っていますが、是非もう一度行きたいところはありませんね〜。自らすすんで鰻は食べませんので接待や、クライアントと一緒なのでビジネスがらみではせっかくの鰻の味も“何を食べたか分からない風”になってしまいます。 ま、そんなことはどうでもいいんですが、夏はやっぱりソーメンでしょう! ブランドものでなくても技を駆使すればそれはそれなりに美味しいものですね。 ま、渓流釣の時に沢の水で冷やし、シェラカップですするあのソーメンの美味さに勝るものはありませんが。 おかずは焼きたてのイワナとミズ(ウワバミソウ)のおしたしですね。 独り、渓流で家族もほったらかしで遊ぶ爽快さは、まさにこの世の天国。 その罪滅ぼしで始めた料理。ヘンケルの牛刀が研いでいる間にフルーツナイフくらいにちびて、イチョウの厚いまな板は削り直して薄く、大きさもチーズカッターように小さくなりましたが、未だに使っています。 グルメの女神は未だに微笑んでくれませんが、時々なにかの間違いで信じられないくらい美味いフランスパンが焼けた時は幸せを感じますね〜。 素材をどう工夫して、オリジナル料理にするか(アイデアのひらめき、コンセプト)。どのように飾り付けて(レイアウト)食べる人に喜んでもらいたい(愛情を込めて創ること=生き甲斐)という料理は、まさにデザインそのものなんですね〜。 なんちゃって。




このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーサイト
[2016/11/30 20:31] | ユーモア | page top
遅刻も個性だ
product_img_f_16421465.jpg  

日本では通用しないJOKEですね〜。 2度続ければオモシロイ事になります。 アメリカでは遅刻は理由をちゃんと説系できれば日本ほど致命的な結果にはならないようです。 自己反省させることに重点を置くようですね。 ワタシも若いデザイナーの管理をしていた頃、遅刻理由を書かせる訳ですが。笑えるモノガかなりありましたね。 素直に寝坊したと書けばいいものをあれこれ正当化しようとするとムリが。 遅刻理由にはまさしく個性があふれていますね。




このエントリーをはてなブックマークに追加

[2016/11/29 18:30] | ユーモア | page top
恥丘にやさしい性活
product_img_f_16421416.jpg

「地球に優しい生活」は大賛成だし、日常生活でもいろいろ実行している。
新しいものはほとんど買わない(買えない)
大根やにんじんの皮は細かく切ってみそ汁に入れる。味噌汁のだしをとった後のコブや煮干しは最高の佃煮になる。
野に生えている草はほとんど食べられるし、実際食べている。これは節約では無く本当に美味いからだ。
ま、崇高な思想でもなんでもなくただのビンボーだが。
いくらecoライフでも電気だけは無いと厳しい(甘い)
今の若者にはかなり厳しいロハスな生活だが、ワタシらは原始人との差が極めて小さかった子どもの頃の生活に戻ればいいだけのこと。(大正生まれではありませんよ〜)
それと、もう一つ大切なこと、それが「恥丘にやさしい性活」ですね。はあ?



このエントリーをはてなブックマークに追加

[2016/11/28 17:31] | パロディー | page top
大きくなったら父さんのみたいになりたい
 product_img_f_16400019.jpg

父さんの何?ともいっていませんが、主催者のランキングは★★で、新作にも載せられないということは、やっぱりね〜。




このエントリーをはてなブックマークに追加

[2016/11/27 17:06] | ユーモア | page top
他己責任
product_img_f_16399901.jpg  



「自己責任」などという言葉は海外には無いらしい。あたりまえのことだからな〜。
好きな曲、ライムスターの「The chioce is yours」
♩汚れたマネー 腐った官僚 腐った政治家に大企業 腐った国家 日本株式会社 ヤツらが悪い オレは被害者 大人が悪い 子どもが悪い ユトリのせいで アタマが悪い 以下省力 選ぶのはキミだ キミだ 決めるのはキミだ キミだ 考えるのはキミだ 他の誰でないんだ さあ歌いな♩
ドキ!初めて聞いた時、タコのようにグニャグニャと生きてきたワタシの心にグサッと突き刺さった。 何かにつけ誰かや何かのせいにして生きて来たことが多いな〜と「他己責任」を反省のAHO店長でございます。
悪いのは全て社会や他人のせいではないし、もちろん自分だけのせいでもない。 悪いこともいい事もドロドロと渦巻く世界で自分がいいと思うことを選ぶことが大切なんだな〜と 当たり前のことにいまさら納得。
だが、Tシャツが売れないのは不景気のせいでは無くデザインが、センスが悪いことは、はっきり自覚しておりまする。
そんなワタシだが人の不幸を「自己責任だから仕方ないさ」とは考えてこなかった。 事故や病気や貧困をすべて「自己責任」にしてしまえば他者とは何の関わりも無くなってしまう。 自分がタコだから人の痛みが分かる。一つ前の記事「大酒飲まれ」で知り合いの酔っぱらいが倒れていようとも「自己責任」だかんねと知らん顔して跨いで行けばいいだけのこと。 他者との関係が遮断されたら「人間」という言葉も意味をなさなくなるな〜。寒!



このエントリーをはてなブックマークに追加

[2016/11/26 21:10] | ユーモア | page top
大酒飲まれ
product_img_f_16399730.jpg  



いますね~。AHO店長もモツルンその部類でした。 今は酒はすっかりやめてスイーツ一直線だが痛い想い出がいっぱいの酒飲み時代だった。
記憶に残っている大酒飲まれの一人は居酒屋で店の真ん中で大の字になっていた知り合いの建築家だ。
周りは店のスタッフと客で大騒ぎ「お客さん、お勘定!」呼べど揺れど本人は大いびき。
知り合いなので「勘定はワタシが払います」とカッコ良く申し出た。
差し出された伝票を見るとチューハイを13杯。3杯飲めば酒豪でもよれよれと言われる有名な濃いチューハイだ、そして一本が通常の倍ほどのボリュームがある焼鳥を数十本とその他いろいろ一人でよくぞこれだけ!という量が!
「しまった!」思わず返そうとした伝票が少し震えていた。
とても歩ける状態ではないので大男を抱えてやっとタクシーに乗せれば、行き先になじみのスナックを指定している。「ダメだよ!そんなに酔っぱらってさ」と言っても無駄だ。心配なので一緒にタクシーでスナックへ。
ヨレヨレで店に倒れ込んでまたウイスキーのロックを飲み始めた。
「お前も飲め!」「ハイハイ」と断らないワタシも大酒飲まれ。ボトルを1本開けた頃。ついにソファーで伸びてしまった。
「お酒さえ飲まなければいい人なのにね~」とママの困った顔を見ながら自分もハッとした。
その後このレベルやもっとひどい「大酒飲まれ」に何人も出会ったがつくづく人間は何でこんなに馬鹿なの!とその都度思うのだが…。



このエントリーをはてなブックマークに追加

[2016/11/25 18:39] | ユーモア | page top
先ずは休憩から入るタイプ
product_img_f_16399642.jpg
これを「ユーモア」のカテゴリーにしているが、こんなことはユーモアでも何でもない社畜様の間ではタブーの一つだ。
その証拠にTシャツショップ管理側のサテーは厳しい★★だ。
多くのデザインナーにありがちな業務開始のチャイムが鳴ってから先ずはコーヒーを一杯飲んでからなどというのはトンでもない!
3時の休憩10分の間に営業や経理のスタッフは煙草を吸ったりお茶を飲んだりするのがフツーだ。
社内ならともかく、アイデアがでない時はカフェで考えるなどというのが許された昔のデザイン会社の社風が懐かしい。
「慌てる乞食は貰いが少ない」ということわざがあるが大きな仕事ほどがつがつと慌てて取掛かってもうまくいかない気がする。なんちゃって。
昔、初めて会う浅草の職人に大きな絵を描く仕事を依頼したことがあるが、名刺を出して早速仕事の説明に入ると「おいおい、兄さんいきなり仕事の話をするのは野暮だぜ、丁度昼時だ天ぷらでも食いにいこう」と銘店で御馳走になってからやっと仕事の話をしたことがある。
こっちとしては忙しい時に嬉しいがちょっと困ったという経験をしたがそれも一理ある。
ゆっくり食事をしながら互いの素性を確認し合うという意味合いもあると思うがそうではない。
浅草の職人は「粋」なのだ。ビジネスライクな仕事の仕方を嫌うのだった。
ゆとりのありすぎた出会いで後日の仕事の「はかどり」が気になったが、仕事にかかってからのスピードと完成度は尋常ではなかった。



このエントリーをはてなブックマークに追加

[2016/11/24 18:00] | ユーモア | page top
前向きな変態
product_img_f_16399493.jpg  

かくれ変態、こっそり変態は情けない。どうせ変態なら前向きに。 それってどう言う意味なんだろう?大変なことになりませんか?なるだろうけどさ、人は人、ワタシは変態。 というか、どうせ人類みな変態だわさ。 変態ネタTシャツを買っていただいている皆様、本当にありがとうございます。 いつどんな所で着ていただいているのだろう?といろいろ想像しつつ感謝しております。 本当は大変態のAHO店長自らが着て電車に乗らないといけないのですが今ひとつ度胸が無いので未だに実現しておりません。




このエントリーをはてなブックマークに追加

[2016/11/23 22:04] | パロディー | page top
断色中
product_img_f_16399280.jpg  

安心してください。ダンジキ中ですよ。な〜んだ。つまんない。 そんな事故を予想して下にあらかじめ「ワンランク上の変態」Tシャツを着てすぐ脱げるようにしておいてね。 まあ、これを着る人はいかにも強そ〜なマッチョマンがいいと思います。草食系の男子が着ると「化石の森」状態になってしまうので。



このエントリーをはてなブックマークに追加

[2016/11/22 18:11] | パロディー | page top
足踏み疲れ
product_img_f_16399040.jpg  

軽いウォーキングどころか、部屋の中で足踏みしてるだけでも〜疲れる。会社に行く前に仕事のことを考えただけで疲れる。海外旅行もパンフレットを見るだけでだけでもう諦める。ご飯を茶碗に入れただけでお腹いっぱい。結婚生活を考えただけで一生独身を決意する…以下無限に続く。 人間に想像力というものがある限り、やってみる前に疲れる、諦めるは自己防衛本能か? ま、考える前に無謀なことが出来たのも20代までか。後はずるずるずるずると現実に流されるだけ。 (そんな怠け者はあんただけじゃわ=天の声)グッスン、若い頃は山と渓谷を駆け回る“生獣”だったのに〜。




このエントリーをはてなブックマークに追加

[2016/11/21 17:10] | ユーモア | page top
| ホーム | 次のページ>>