目薬は女尻につけべし


密かに語り継がれて来た艶笑落語「目薬」
女房が買って来た粉の目薬を使おうとするが文字が読めない大工。目じりを女尻と間違え、いやがる女房の尻に付ける。ムズムズしてたまらぬ女房がプッと亭主の顔に吹き付ける。そうか!目薬はこうやって付けるんだ。江戸庶民のあたたかなエロティシズム。いい話ですね〜。

スポンサーサイト
[2015/11/25 10:15] | ユーモア | page top
| ホーム |