俺には酒がある
product_img_f_16217113.jpg  
ワタシにも昔はそんな時があったな〜。頼るものも信じられるものも何もないような気分になった時、外でもひとり飲みでも酒がどれほど好い友であり、話し相手になってくれたことであろう。だが、次の朝になればすべては幻想で頭痛は残り、金はしっかり減っているだけのこと。 身体も懐もかなり痛い目にあったAHOなワタシは反省から「俺にはコーヒーがある」「俺にはチョコレートがある」「俺にはケーキがある」以下無限…。(飲み食いだけか) やがて達したケツロンは「俺には死が待っている」だった。 永久の安息=死は誰にも訪れる。人は生まれた時から死への旅を続けるただの細胞じゃん。と悟ったのであった。 そのわりには未だに売れることもないAHO-Tを作り続けているのは何故! 「俺にはまだAHO~Tづくりがある」

スポンサーサイト
[2016/09/28 20:44] | ユーモア | page top
| ホーム |