頑張ってる人はなんかちょっとカッコ悪い
product_img_f_16297656.jpg
こらこら!アンタがいくら怠けものだからって、頑張ってる人のことをそんなふうに言わないの。
ゴメンナサイ!
だが、だ。スゴく大変なことをサラリとやってのける友がなんと多くいたことか!
頑張る姿勢丸出しのAHO店長には常に羨ましかった。

*ところでTシャツトリニティーに商品アップされている人にはおなじみの「レーティング」だが社内の社内のセレクターがアップした商品をクオリティー高いもの順に3〜0の★でランキングする特有のシステムだが、例えばこの商品は★★だった。★★★でないと新着商品に表示されないのが寂しい、虚しいのである。せっかく作ったのに誰にも知られず埋もれてしまうのである。(ちょっと批判的)
どういう基準でランク付けされているのかは大体想像できるが、ドスケベなものや変態シリーズが★★★ランク付けをされていることがよく分からんのだ。
ナヌ!これが★★★とはおかしいだろう、無印だろう?だけど、うれし〜。(都合のいいことには無批判)
だが、だ。マニアックなお客様は低ランクや無印のものでもちゃんと見ていてくれて、意外なものがアクセスランキングが上位なことが多い。ありがたや〜。ありがたや〜。価値観はお客様が決めることであります。

先日、フリーフォントを見ていたら「品格のないお使い方はなさらないようご注意下さい」というようなニュアンスの注意事項が書かれてあり、笑ってしまうと同時に驚いた。フォントですよホント!
品格のかけらもない私のTシャツには使えないじゃん!表現の自由がないフォントっていったいなんだ!

世の中、余計なお世話だ!と叫びたくなる(小声で)ことってありますよね。と今夜も独り言。
とここまで書いている時、なぜかMacがメモリ不足でフリーズ。呪いじゃ〜。
イカン、消灯時間の21:30を過ぎている早く寝よう。



このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーサイト
[2016/10/19 21:54] | ユーモア | page top
| ホーム |